コスメ

爪の白い部分を見れば10秒であなたの健康状態がわかる!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る
爪の白い部分

あなたは今、爪の状態でお悩みではないでしょうか??

爪の体の一部です。そして末端にあるため、体に異常があると真っ先に異変が現れる場所でもあります。

しかし、意外と見落としがちであったり、気になっても対策をしない方が多いのも現状。この記事では爪の異変の原因や対策をネイリストが詳しく解説していきます。

多くの爪を触ってきましたので様々な症状も見てきました。それぞれ症状別に分けて説明していきますのでぜひ参考にして爪の悩みを解決しましょう。

2つの白い部分の名前は?

爪の白い部分が気になる。

そんな意見をよく頂きますが、みなさんが思われている”白い部分”というのは2つあるはずです。

  1. 爪半月(ハーフムーン)
  2. 爪先(フリーエッジ)

といいます。どちらも白い部分ですので、ややこしいですがこの爪半月と爪先に分けて爪の異常を見ていきます。

ひとつひとつ説明していきますので安心してゆっくりと読み進めて下さい。

爪半月は大きい方がいいのか?

この部分については【大きい方が健康的】という都市伝説が広まっていますが、半分正解で半分間違いです。

爪半月は水分の塊です。簡単にいうと爪の赤ちゃんな訳ですね。

生まれたてなので水分を沢山含んでいます。しかし、成長して伸びていくにつれ、水分が抜けていき普通の爪になるのです。なんだか人間そのものと同じです。

半月が大きな人の特徴としては爪が伸びるのが早いということです。水分が抜けきらないうちにどんどん伸びっていってしまうので爪半月が大きくなります。しかし特に悪いことではありませんのでご安心を。

爪の白い部分(半月)がないのは病気?

病気という訳ではありませんが爪半月がない方の原因としては次のようなことが考えられます。

  1. 指の乾燥
  2. 新陳代謝の低下

まず、乾燥ですが爪は爪半月の根本で作られています。この部分が乾燥してしまうと爪に水分が行かなくなり半月はできにくくなります。また爪の強度自体も低下してしまい。割れやすくなったり、縦線がいってしまったりします。

次に新陳代謝ですが、爪や髪など体の末端にあるものは新陳代謝の影響をかなり受けやすく、例えば栄養が不足したりすると全く伸びなくなります。

このようなことから爪半月がないからといって病気とは言えませんが、ご自身の生活は少し見直していくのが良いかと思います。

保湿する、栄養バランスに気をつけるなど本当に少しのことで構いません。それだけでも改善できるのです。

爪の先端(フリーエッジ)について

爪の先端部分は爪半月よりデリケートで異変も起こりやすい部分です。少し長くなりますが各症状について解説していきます。

爪先の白い部分が多い、増える、広がると危険!?

これが一番多い悩みではないでしょうか??実はこの症状は若い方というより中高年の人に多い症状で、少し怖い症状でもあります。

原因としては爪甲剥離症が考えられます。これは爪が皮膚から離れて浮いてしまう病気です。原因は遺伝による先天性で生まれつきの方もいますがほとんどの方は後天性です。

  1. 外部要因
  2. カビによる感染症
  3. 内服している薬
  4. 皮膚疾患
  5. 甲状腺の病気

の5つが原因としては考えられます。

1番の外部要因が一番多く、主に手や指先を良く使う仕事(ライター、美容師、ネイリストetc)や薬剤や刺激物をさわる仕事(ガソリンスタンド、農家etc)に多くみられます。爪と指先に負担がかかり爪が剥がれてしまうのです。

その他の要因については医師の診断と治療が必要になりますので1番に思い当たる節がない方や気になって仕方ない方は一度医師に相談してみましょう。それぞれ対応できる科が違いますがまずは皮膚科に行くのがベストです。

また深爪の人もこの症状はなりやすいので過度な深爪はおすすめできません。

ガタガタなのは治せる?

これも爪甲剥離症によるものです。先ほど原因5つのの2番でカビによる感染症と書きましたがカビ=真菌=水虫菌です。この場合もはやく治すのなら皮膚科に行くことをおすすめします。

隠すために上からジェルネイルをしてしまう方も多いのですがこれはかえって症状を悪化させてしまうのでおすすめできません。

少しネイルは我慢していただいて治療に専念してもらうのが最善かと思います。

菌の影響がなくなっても爪の白い部分が治ってこないようであれば最後の手段として爪の矯正があります。専門のサロンもあります(ちょっと高額です)ので一回相談してみるのもいかがでしょうか?

減らすことはできるの?

白い部分を増やすにはまずは深爪をしないようにしましょう。ある程度長さを出すことが必要です。そしてとにかくケアです。

保湿に気をつけていけば白い部分が引っ張られてピンクの部分が伸びていきます。キューティクルオイルは毎日使うようにしてケアしましょう。

ただし、爪が折れてしまっては意味がないので気をつけて下さい。

爪の先端が透明になる

これも不安になってしまう方がい多いのようなのですが爪先が透明になるのは爪に油分が多く含まれているからですので特に気にする必要はありません。

しっかりと保湿されている証拠でもありますので心配しすぎないようにしましょう。

爪先が黒い場合

これは深刻な場合もある症状です。

  • 肝臓の病気
  • ホルモンの病気
  • 血管の疾患

が疑われます。また薬の副作用でもなるようです。なかなか治らないようであればすぐに病院に行きましょう。

爪を伸ばすと汚くなるという方へ

ここまで解説した症状が出るとキレイに爪を伸ばすことができなくなってしまいます。爪と皮膚の間にゴミなどもたまりやすくなってしまい不潔な印象を与えてしまうかもしれません。

実は自分でこういった症状を引き起こしてしまっている人も少なくなく、最大の原因は深爪です。

またキューティクルオイルなどのケアを怠ったり、無理にジェルネイルなどを続けているとなってしまうこともあります。

ではきれいな爪を保つためにはどうしたらいいのでしょう。

爪をキレイに伸ばす方法とは

爪をキレイに保つには内側からも外側からもキレイにする必要があります。

  1. 栄養バランスの摂れた食事
  2. オイル等によるケア
  3. 爪を傷つけない

これらが大切になってきます。

食べ物

爪も肌と同じようにケラチンというタンパク質からできていますので基本的に肌にいい食べ物は爪にもいいのです。代表的なものを挙げておくと

【卵、牛乳、緑黄色野菜、青魚、大豆】

などが有名ですね。もちろん他の栄養素もバランスよく摂ることを心がけましょう。

オイルやハンドクリーム

こちらも欠かせないケアです。とにかく保湿が大事です。肌と違い爪には自己修復機能はありませんので傷んでしまったら切るしかありません。とにかく痛ませないようにしましょう。

ネイルオイルの使い方やハンドクリームについては

誰でもできるネイルオイルの使い方とおすすめアイテム10選

プロがおすすめする人気ハンドクリームランキングベスト10

で詳しく解説していますのでぜひご参考に。

まとめ

いかがでしたか?爪の白い部分に悩みを抱えている方はたくさんいらっしゃいます。

あなただけではないので必要以上に不安がらないことも大切です。私たちネイリストも相談頂ければ少しはお力になれると思います。それでもダメなら医師に相談すれば大丈夫です。

日頃からのケアに気を使い、キレイな爪にしていきましょうね。

みなさんも素敵なビューティーライフを応援しています。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

コメント

コメントを残す

*